総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 海水浴シーズンを前に、兵庫県は県内43カ所の海水浴場の水質調査結果を発表した。全ての地点で安心して泳げる水質と判定され、うち38カ所は特に良好とされる「AA」の評価だった。いずれの地点も透明度は1メートル以上、油膜も確認されなかった。一方、若者の海離れなどから姫路市の白浜と豊岡市の気比浜、香美町の臼ケ浦の3カ所は今年は開設しない。

 調査は4月15日~5月14日、県と神戸、姫路、明石市が実施。海水中のふん便性大腸菌群数▽油膜の有無▽透明度▽水質汚濁の度合いを示す「化学的酸素要求量」(COD)-を調べた。

 AAは昨年より8カ所増加。A(良好)は1カ所、B(良)は4カ所で、C(普通)と「不適」はなかった。日本海側(15カ所)は全てAA、淡路島も全15カ所のうち14カ所がAAで、水質の良さが目立った。

 海開きは5月29日に新温泉町で始まったのを皮切りに今後本格化し、7月上旬にピークを迎える予定。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ