総合 総合 sougou

  • 印刷
早稲田大学リー・トンプソン教授=東京都西東京市、早稲田大
拡大
早稲田大学リー・トンプソン教授=東京都西東京市、早稲田大

 日本で初のラグビー・ワールドカップ(W杯)がいよいよ9月に開幕する。東京五輪・パラリンピックも来年に迫る中、関連報道はこれからますます過熱し、スポーツファンではない人たちも、いや応なしに情報のシャワーにさらされることが予想される。メディアにはどんな姿勢が求められ、受け手はどう接していけばいいのか。スポーツとメディアの関係に詳しい早稲田大学のリー・トンプソン教授に聞いた。(伊丹昭史)

 -メディアとスポーツとの関わりには長い歴史がありそうです。

 「近代スポーツはメディアとともに発達してきました。自転車レース『ツール・ド・フランス』は20世紀初めにフランスの新聞社が始めました。日本でも高校野球の夏の甲子園大会や、巨人などプロ野球の球団経営に新聞社が関わっていますよね。大相撲の優勝制度も明治時代、時事新報が部数を伸ばすために導入しました。また力士の立ち合いの制限時間は、取組をラジオ放送の枠に収めるため、始めたものですよね」

 「メディアにとってスポーツはドラマ性やエンターテインメント性を持つ魅力的なコンテンツ。読者や視聴者をつかんで広告を集められる。スポーツの側もメディアの宣伝で入場料や放送権料を得られる。両者は密接な関係にある」

 -その関係は五輪やW杯で、より強まるのでしょうか。

 「メガイベントは大きなビジネスになるので、メディアとの利害関係が生まれる。米メディア大手のNBCは、夏冬五輪の米国向け放送権を2032年まで持っています。大きな投資をしているので大会を成功させたい。となると、批判的な報道はしにくい。日本でも東京五輪の開催が決まってから、五輪への反対意見が下火になった。『決まった話で、やるのなら成功させたい』というのは分かるが、税金を使うのだから、もっと疑問の声も出ていいはずです」

 -開催中はどうしても応援報道が多くなります。

 「過去の五輪期間中の日本の主要新聞を調べたら、1面記事の9割以上が日本代表の話でした。スポーツに興味がない人に見てほしいという期待が理由ですが、他の情報を知りたいファンもいます。もう少し客観的に報じて、誰を応援するかは視聴者や読者に決めてもらう方がいいでしょう」

 「パラリンピックでは、選手を競技者として報じるようになってきたが、それが『障害の克服は本人次第』というメッセージになっている、との声もある。車いすの人は1人で階段を上れない。これはどうしようもないことで、エレベーターの設置などの社会問題を含めた幅広い報道が必要です」

 -応援報道には過度なナショナリズムをあおる側面があります。

 「米国では20、30年ほど前から指摘され、NBCのアナウンサーには放送で米国代表を『われわれ』、相手を『彼ら』と言ってはいけないというルールがある。自国選手に注目しても、立場は中立なのです。表面的なことのようですが、スポーツを見るとき、私たちは無防備になります。政治家の発言には『だまされまい』と身構えますが、スポーツにはクリーンで中立なイメージがあるので、『そういうもの』と受け入れやすい」

 「人種やジェンダーに関する研究もあります。よく『黒人選手は身体能力が高い』と言うが、一見褒めているようで、『野性的』『あまり努力しなくてもできる』など差別的な意味にもなる。女性選手を愛称やファーストネームで呼ぶ傾向が強いのは、下の立場に見ているからです。メディアはそうした先入観、思い込みを無意識に伝えている。観戦するときは少し意識した方がいい」

 -五輪、W杯に向けて、あらためてメディアの役割とは?

 「今は選手がファンらに直接、言葉を伝えられる時代です。一方でフェイクニュースも氾濫している。人間には自分の偏見に合った情報を受け入れる傾向がある。情報を選別するには、信頼できる情報源なのかどうか、確認すること。内容に責任を持ち、倫理を持って報道するという従来のメディアの役割が大事になります」

【LeeThompson】1953年米オレゴン州生まれ。大阪大学大学院を単位取得満期退学。大阪学院大助教授などを経て2003年から現職。3月まで日本スポーツ社会学会会長を務めた。

◇記者のひとこと

 英国留学後の1995年春、阪神・淡路大震災のがれきが残る神戸・六甲アイランドに家族と住んだ。「前からの予定。住むことで何か復興につながると思って」。柔和な笑みに吸い込まれそうになった。

総合の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 0%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ