総合 総合 sougou

  • 印刷
安達和彦氏
拡大
安達和彦氏

 神戸市議会の6月定例会が19日開会し、新任期が始まって最初の正副議長選で、第101代議長に安達和彦氏(65)=自民、須磨区=を、副議長に村野誠一氏(45)=同=を選んだ。任期は慣例で1年。

 議長選では全市議69人が投票し、安達氏が55票を獲得。ほかは森本真氏(共産)=9票▽浦上忠文氏(つなぐ)=5票-だった。

 安達氏は1991年から連続8期当選。市会運営委員長などを歴任し、2014年6月から第96代議長を務めた。2度目の議長就任にあたり「市制施行で市が誕生してから130年、阪神・淡路大震災から25年を迎える節目の年。市民の暮らしの安全と安心を守るとともに、さらに魅力的な街になるよう取り組む」と抱負を語った。

 村野氏は2003年から連続5期当選。「市政が市民の信頼を得られるよう、市の発展や市民を豊かにする政策を積極的に提案するなど、これまで以上に市民の信託に応えていく」と述べた。(石沢菜々子)

総合の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ