総合 総合 sougou

  • 印刷
雌に雄が抱き付き、ふわふわの卵塊を作るモリアオガエル=姫路市書写、阿弥陀寺
拡大
雌に雄が抱き付き、ふわふわの卵塊を作るモリアオガエル=姫路市書写、阿弥陀寺

 梅雨入りを前に、樹上に生息するモリアオガエルが兵庫県内各地で産卵期を迎えている。雌の背中に複数の雄が抱き付き、小さな命を守るメレンゲ状の卵塊を作り出す。

 体長4~8センチで、県内では低地から山地に広く分布。県版レッドデータブックは、絶滅の危険が増大しているBランクに指定している。

 書写山の麓にある姫路市の阿弥陀寺では5~6月になると、池のほとりに現れる。深夜から未明、雄が雌を呼ぶ「クククク」という鳴き声が境内に響く。

 水面に張り出した木の枝先では、雌の背に乗った5匹の雄が、卵を保護する粘液を足でかき混ぜ、2時間ほどで直径約10センチの卵塊ができた。姫路市立水族館によると、卵塊の中には約500個の卵が産み付けられ、2週間ほどでふ化すると水面に落ちて泳ぎだすという。

(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ