総合 総合 sougou

  • 印刷
色鮮やかな浴衣姿でパレードに参加した子どもたち=姫路市西二階町(撮影・小林良多)
拡大
色鮮やかな浴衣姿でパレードに参加した子どもたち=姫路市西二階町(撮影・小林良多)

 初夏の播磨路を彩る「姫路ゆかたまつり」(同まつり振興協議会など主催)が22日、兵庫県姫路市塩町の城南公園周辺で始まった。立ち並ぶ露店の明かりに、涼やかな浴衣姿が浮かび上がった。

 同市立町にある長壁神社の伝統行事。江戸中期の姫路藩主榊原政岑が、庶民に浴衣姿での参拝を許したことが起源とされる。

 夕刻、「子どもゆかたパレード」が出発し、いざ開幕。雨天が予想されたためコース変更となったが、カラフルな浴衣を着せてもらった小学生らが、商店街や同神社を元気に練り歩き、夏至の夕べを楽しんだ。

 桜模様の浴衣で参加した姫路市立白鷺小中学校1年の女児(6)は「小学生になってパレードに出られてうれしい。あとで友達とわたあめを食べるのが楽しみ」とほほえんだ。

 まつりは23日までで、午後4時半~9時半。(平松正子)

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ