総合 総合 sougou

  • 印刷
夕刊の印刷作業を見学する参加者=姫路市四郷町本郷
拡大
夕刊の印刷作業を見学する参加者=姫路市四郷町本郷

 5月に全面稼働した神戸新聞社の新印刷工場「播磨製作センター」(兵庫県姫路市四郷町本郷)で25日、関係企業向けの見学会が開かれ、最新鋭の機器を備えた製作現場が披露された。

 西神(神戸市西区)、阪神(西宮市)に続く3カ所目の印刷拠点となる同センターは3階建て、延べ床面積4875平方メートル。

 参加者は夕刊の発行が始まる瞬間に立ち会い、輪転機で刷り出されたばかりの新聞が自動で次々と発送所へ送られていく様子を見た。ロール状の印刷用紙(約1・3トン)が159本も貯蔵できる巨大な立体紙庫なども回った。

 基礎部分の免震構造も見学し、プロジェクターで地下空間に阪神・淡路大震災直後の紙面を映し出す取り組みを鑑賞。最後に見学の様子をまとめた新聞号外がお土産として配られた。

 見学は毎週火・水曜(祝日を除く)の午後0時半~同2時半。学校や地域、企業、団体など幅広く受け付ける。問い合わせは神戸新聞社姫路本社業務部・播磨製作センター案内係TEL079・281・2880(月~金曜、午前10時~午後5時)。

(井沢泰斗)

総合の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ