総合 総合 sougou

  • 印刷
3月に神戸市内の大学で開かれた説明会=神戸市東灘区
拡大
3月に神戸市内の大学で開かれた説明会=神戸市東灘区

 来春卒業予定の大学生を対象とした面接が6月1日に解禁され、1カ月が経過した。経団連は「大学3年の3月に説明会、4年生の6月に面接解禁」との日程を企業に求めており、本来は就職活動の真っただ中のはずだが、実際は5月までに内定を獲得した学生も多い。経団連が定める現行ルールは来年から廃止され、政府主導のルールが始まるものの、就活の早期化に歯止めがかかる気配はない。(末永陽子)

 「最終面接で意思確認があり、4月中旬には内定をもらいました」

 大手不動産に入社を決めた神戸学院大4年生の女性(22)は、就職支援サイトの携帯アプリ三つを駆使した。1週間ほど東京に滞在し、インターンシップ(就業体験)や企業説明会にも足を運んだ。

 運動部の部活動を優先してきたため、就活を始めたのは昨年12月。周囲に比べて遅めのスタートで、複数の内定をもらう友人に焦りを感じた時も。体育会系学生向けの就職支援サイトを活用し、業界を絞って早めの内定を目指した。「第1希望がかなってうれしい」と笑顔を見せる。

 関西学院大4年の女性(22)は、3年生の夏から10社を超えるインターンに参加した。幅広い業界を知るためだったが、本音は「『インターンは就職内定への近道』と先輩の体験談を聞いた」と明かす。実際に4月時点で、インターン参加企業のうち2社から内定をもらった。

 就職情報大手ディスコ(東京)が発表した来春卒業予定の大学生や大学院生の内定率(内々定を含む)は、5月1日時点で51・1%。前年同月比で8・9ポイント上昇した。

 学生優位の売り手市場が続くが、人気企業や業種は依然競争率は高い。

 「業種を広げれば複数の内定をもらえるが、第1志望に入社するのは難しい」。マスメディアを希望する関西学院大3年の男性(20)は、先輩からこうアドバイスされたという。「インターンの選考を通じて、すでに自己分析を進めています」

 出版業界を目指す同大学3年の女性(20)は1年生の頃から、幅広い業種のインターンに参加。「プレゼンテーション方法を学べたり、目上の社会人と話す機会が増えたり。違う業種でも、就活で生かせることが多い」と語った。

■通年採用拡大効果は未知数/活動長期化、学業に支障の恐れ

 6月に面接が解禁される就活ルールが有名無実化する中、経団連は今年4月、新卒学生の通年採用を広げる方針を発表した。採用時期を限定しない通年採用は、企業の柔軟な人材獲得戦略や、留学などで就職活動とタイミングが合わない人らにメリットがあるとされるが、これまで以上に採用・就職活動が早期化するとの懸念も示されている。

 また、学生が何度も大手企業の採用試験を受験できるようになれば、「学生の大手志向はより強くなり、中小企業にはデメリットの方が大きい」との指摘もある。就活そのものが長期化し、学業がおろそかになる恐れも拭えない。

 現在でも、インターンシップより授業を優先するよう企業や学生に要請する大学は多い。兵庫県内では関西学院大がインターンを授業欠席の理由として認めておらず、神戸大は企業にインターンを土日や長期休暇に行うよう呼び掛けている。甲南大はインターンを単位に組み入れるなどして推奨する一方、企業側とは夏季休暇中に行うよう取り決めているという。

 学業との両立を巡り、経団連は学生が就職活動の時期を選べる仕組みを検討する。採用時期次第で、企業による学業成績への評価も可能になるとしている。

 ただ学生側の事情は一様ではない。県内の大学に通う4年生の男性(22)は奨学金の返済のため、アルバイトを優先させてきた。「インターン参加が内定に有利とは聞いていても、学業や生活との両立は難しい」とこぼした。(末永陽子、佐藤健介)

総合の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ