総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 2016年の前回参院選に続き、今回も改選数が2から3に増えた兵庫選挙区には現職1人、新人5人の計6人が立候補を予定している。

 連立を組む自民、公明両党は与党で2議席の獲得を狙い、前回選で24年ぶりに独自候補を擁立した公明は今回も新人を立て、自民の推薦を受ける。

 一方、野党は全国32ある改選1人区で候補を一本化するが、兵庫では立憲民主党と共産党がそれぞれ候補を擁立。唯一の現職を抱える日本維新の会が大阪府知事・市長ダブル選の余勢を駆って議席の死守を目指すなど混戦模様となっている。

 立候補予定者は次の通り。

 加田裕之氏(49)=自民新人▽高橋光男氏(42)=公明新人▽安田真理氏(40)=立民新人▽金田峰生氏(53)=共産新人▽清水貴之氏(45)=維新現職▽原博義氏(47)=諸派新人。(井関 徹)

総合の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ