総合 総合 sougou

  • 印刷
豊島将之王位(右)の先手で始まった王位戦7番勝負第1局。左は木村一基九段=3日午前、名古屋市、料亭「か茂免」
拡大
豊島将之王位(右)の先手で始まった王位戦7番勝負第1局。左は木村一基九段=3日午前、名古屋市、料亭「か茂免」

 将棋の豊島将之王位(29)=名人、棋聖=に木村一基九段(46)が挑戦する第60期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)が3日午前9時、名古屋市の料亭「か茂免」で始まった。

 平成生まれの豊島王位は、現在の棋界で唯一の三冠保持者。同時期に行われている棋聖戦と共に初防衛を狙う。木村九段は7度目のタイトル挑戦。初タイトル獲得の最年長記録も懸かる大一番となる。

 振り駒で豊島が先手となり、定刻、立会人の杉本昌隆八段(50)の合図で初手を「2六歩」と指した。豊島の3四飛(15手目)で横歩取りの戦型となった。序盤は、木村が同じ後手番で羽生善治九段(48)に勝った挑戦者決定戦と同じ進行だったが、25手目で豊島が3六歩と手を変えた。

 杉本八段は「木村九段が豊島王位を横歩取りに誘導したといえる。オーソドックスで穏やかな立ち上がりで、今後どのように前例を離れるかが注目される」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の4日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。神戸新聞NEXTで対局の様子を中継している。

【王位戦】中継サイト

総合の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ