総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸大准教授、原口剛さん=大阪市内(撮影・後藤亮平)
拡大
神戸大准教授、原口剛さん=大阪市内(撮影・後藤亮平)

 大阪市西成区の日雇い労働者の町・釜ケ崎で3月末、シンボル的な複合施設「あいりん総合センター」が建て替えのため閉鎖された。閉鎖に抵抗し、座り込みを続けていた労働者や支援者は4月24日、行政や警察により排除されたが、抗議活動は今も続いている。一体、この町で何が起きているのか。都市社会地理学が専門で、釜ケ崎の研究書「叫びの都市」の著者である原口剛・神戸大准教授(43)に聞いた。(田中真治)

 -なぜ抗議行動が起きているのでしょう。

 「センターは1階が日雇い労働者の求人場所でしたが、雨や暑さをしのぐ休息所でもありました。まちづくり会議を経て、耐震性の問題から解体が決まりましたが、建て替え後の形が不透明なため、『ここにいられなくなるのでは』という声が大きいのです。建物の耐久性だけでなく、西成に経済的側面から開発が起きていることを考えなくてはいけません」

 -西成の「特区構想」ですね。

 「恐らくニューヨークが発案の手本です。公園などの公共空間の運営を企業に委ね、スラム地区に資本を呼び込むことで『都市再生』のモデルとなった。釜ケ崎の周辺では、天王寺公園が1990年に有料化され、野宿者が追いやられました。その後、あべのハルカスなどの大型商業施設ができ、星野リゾートの都市観光ホテルも建設が進む。この『ジェントリフィケーション』といわれる動きが、大阪の南の玄関口にあたる釜ケ崎に押し寄せているとみています」

 -ジェントリフィケーションを「富裕化」と訳されていますね。

 「この用語には、英国の地主層(ジェントリ)が農地を所有し、農民が追い出された『囲い込み』のニュアンスがあり、ポジティブな『都市再生』という言葉からは見えない、貧しい人の排除という本質を浮かび上がらせます。都市の自然な新陳代謝なのか、政治経済的な力関係によるものなのか、認識が問われています」

 -きれいで安心な町になる、と歓迎する声もありますが。

 「見た目がきれいになることと貧困問題の改善は無関係ですし、そもそも貧困の原因は釜ケ崎の外にある。過去が総括されないまま、何事もなかったかのようにされてしまうのが一番の問題で、歴史観が問われています」

 -釜ケ崎はあいりん(愛隣)地区とも、寄せ場とも呼ばれます。

 「釜ケ崎という字名は、22年の町名改正により存在しませんが、木賃宿が移転させられてできたドヤ(簡易宿泊所)街を、労働者は釜ケ崎と呼んできた。『あいりん』は、行政がイメージ改善のため、60年代に置き換えた言葉です」

 「スラムは家族の貧困問題ですが、『寄せ場』は労働搾取の問題をクローズアップするため、70年代に定義された。農村を離れざるを得なかった“浮浪者”を労働力として囲い込んだ、江戸時代の『人足寄場』に由来します」

 -なぜ単身男性労働者の町に?

 「スラム対策として、家族持ちの労働者が釜ケ崎の外へと分散させられる一方、70年の大阪万博に伴う建設ラッシュで、単身男性による不安定労働の供給地に固定させられた。家族が自然にいなくなったのではなく、使い捨てやすい労働者の、一代限りの町にされてしまったわけです」

 「だから、バブル期以降の長い不況と高齢化で、『福祉の町』となっていった。その歴史を無視すると、労働者が居座っているように見られてしまう。東京五輪と大阪万博の間の時期に、釜ケ崎へと追いやられた人たちがいて、五輪と万博が繰り返されるのと同時に再び町を追われようとしている。ここでは『二重の排除』が起きているのです」

 -61年以降、24回に及ぶ暴動も町のイメージを形づくってきた。

 「暴動は言葉にならない叫び。この町の労働者は暴動のエネルギーを原動力に、社会保障を勝ち取ってきた歴史を見る必要がある。今、ストライキやさまざまな直接行動はマイナスと捉えられがちだが、そうした視点や、ジェントリフィケーションを支持する心性を変えなければ、と思っています」

【はらぐち・たけし】1976年、鹿児島市出身。東大文学部卒業後、大阪市立大文学研究科で地理学を専攻。博士(文学)。2012年から現職。共編著に「釜ヶ崎のススメ」など。大阪市北区在住。

◇記者のひとこと 原口さんを訪ねたのは、毎月第3土曜の「センターの日」。飲み物などを用意し、野宿する人の話を聞いていたところを突然の雨が襲った。「センターが開いていたら」。テントの下で原口さんはつぶやいた。

総合の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 10%

  • 22℃
  • 13℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ