総合 総合 sougou

  • 印刷
沖縄の米軍基地移設を巡る抗議活動について語る山城博治さん=7日午後、尼崎市七松町1、市立すこやかプラザ
拡大
沖縄の米軍基地移設を巡る抗議活動について語る山城博治さん=7日午後、尼崎市七松町1、市立すこやかプラザ

 沖縄の米軍基地問題の現状と課題を学ぶ「辺野古報告集会」が7日、兵庫県尼崎市内で開かれた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設予定地の名護市辺野古で、反対の座り込み活動を続ける沖縄平和運動センターの山城博治議長(66)が登壇し、「民意に沿わない政府の新基地建設を、国民全体の力で阻止していきたい」と訴えた。

 沖縄県人会兵庫県本部(尼崎市)などでつくる実行委員会が主催し、約130が参加した。

 山城さんは長年、沖縄で米軍基地建設反対のリーダー的役割を果たしている。米軍キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)ゲート前での座り込みは6年目を迎え、連日、市民数百人とともに活動している。

 山城さんは、座り込みの現場には太平洋戦争末期の沖縄戦で家族を失った高齢者も多く参加していることを紹介し、「これまでの選挙や県民投票で、沖縄県民は基地反対をはっきりと示している。座り込みは、聞く耳を持たない中央政府への意思表示だ」と強調した。

 移設予定地の地盤が軟弱だと専門家が指摘する中で、工事が押し進められていることにも触れ、「沖縄は民主主義や地方自治とは何かを問い、発信する場となっている。本土のみなさんも何ができるか、一緒に考えてほしい」と求めた。

 尼崎市の会社員男性(55)は「沖縄が置かれている現状を深く知ることができた。いつか現地で確かめたい」と話していた。

(久保田麻依子)

総合の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 30%

  • 22℃
  • 6℃
  • 40%

  • 21℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ