総合 総合 sougou

  • 印刷
早朝から次々と開花する一面のハス=姫路市夢前町置本
拡大
早朝から次々と開花する一面のハス=姫路市夢前町置本
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 泥から伸びた茎の先に清らかな大輪-。兵庫県姫路市夢前町置本のハス園「夢前 蓮の花苑」で開花がピークを迎えている。つぼみが開く早朝から、幻想的な光景を求めて大勢の人が訪れる。

 同市北部を活性化しようと、ヤマサ蒲鉾が本社北側の農地1・2ヘクタールを活用して整備し、昨年に公開を始めた。観賞用の6種が植えられ、2千年前の種から再生された「大賀ハス」や、花の縁が桃のようにピンクに染まる「美中紅」が個性を競う。

 足しげく通う同市内の主婦は「花びらの透けた感じや雨粒など表情の違いが見飽きない」と話した。見頃は7月中旬まで。無料。ヤマサ蒲鉾TEL079・335・1055

(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ