総合 総合 sougou

  • 印刷
「ひょうごユニバーサル大使」に選ばれた浜田祐太郎さん
拡大
「ひょうごユニバーサル大使」に選ばれた浜田祐太郎さん

 兵庫県は、性別や障害の有無などにかかわらず、全ての人が尊重される「ユニバーサル社会」づくりの推進を目指す「ひょうごユニバーサル大使」に、神戸市須磨区出身の漫談家、浜田祐太郎さん(29)を選んだと発表した。浜田さんは自らの視覚障害をネタにし、昨年3月にあった「ひとり芸日本一」を決める「R-1ぐらんぷり2018」で優勝を果たした。

 浜田さんは生まれつき左目が全く見えず、右目は明るさが分かる程度。県立視覚特別支援学校を卒業後、2012年から芸能活動を開始し、13年に漫談家としてデビューした。スーツ姿で白杖を持って舞台に立ち、正統派のしゃべくり漫談を展開。昨年のR-1でも視覚障害者の「あるあるネタ」などを明るく語り、会場の笑いを誘った。

 県は、浜田さんの発信力を期待して大使就任を依頼した。今後、県のイベントなどに参加し、外見からは分かりにくい病気や障害があり周囲の配慮や援助が必要なことを表す「ヘルプマーク」の普及啓発、県の施策のPRなどに協力する。今月30日に神戸市中央区の県公館でユニバーサル大使の委嘱式がある。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ