総合 総合 sougou

  • 印刷
特等で当たる台湾クルーズの客船(神戸市提供)
拡大
特等で当たる台湾クルーズの客船(神戸市提供)

 高齢ドライバーによる重大事故が全国で相次ぐ中、神戸市は65歳以上の市民を対象に、運転免許の返納とマイナンバーカードの申請をセットで行うとクルーズ乗船券などが当たるキャンペーンを展開している。免許返納を促す一方で、代わりの身分証としてマイナンバーカードを定着させる狙い。市の担当者は「全国でも例がない取り組みでは」と話す。(長谷部崇)

 6月13日から8月末までの期間中に免許返納とマイナンバーカードの申請を行うことが条件。特典は、特等=台湾クルーズ(1週間程度、ペア1組)▽1等=ジャンボフェリー乗船券(高松往復、ペア10組)▽2等=コンチェルト乗船券(ペア50組)▽3等=神戸港周遊券(申込者全員)。

 政府は6月4日に「デジタル・ガバメント閣僚会議」を開き、2022年度中にほぼ全ての医療機関でマイナンバーカードを健康保険証として使えるようにする目標を設定した。神戸市はこうした状況を踏まえ、カードの普及啓発などに取り組む「マイナンバーカード推進本部」を設置した。

 「運転はしないが、身分証として免許証を持っている」という高齢者も多いことから、免許返納と合わせてマイナンバーカード取得を勧める取り組みを発案。同市によると、市内では年間約5千人が免許を返納しており、千人程度の申し込みを想定している。

 免許更新センターや最寄りの警察署で免許を返納。所定の用紙に必要事項を記入し、免許返納通知または運転経歴証明書の写しとともに市行政事務センター宛てに郵送するなどして申し込む。カードの申請状況は市が確認する。申し込みは8月末まで受け付ける。同センターTEL078・381・5533(平日のみ)

総合の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ