総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 ポートライナーなどを運行する神戸市の外郭団体「神戸新交通」が神戸新交通労働組合の役員に金銭を不正支給したとされる問題で、労組側が同社を相手取り、返還対象の計約2560万円について「支払い債務は存在しない」との確認を求めて、神戸地裁に提訴していたことが11日、分かった。提訴は6月11日付。この問題で労組側の意向が明らかになるのは初めて。

 同社は5月、労組役員7人に2012~18年度、本来の給与に上乗せし、賞与や超過勤務手当の名目で2216万円を不正支給し、全額が労組運営費に充てられていたと発表した。

 訴状で労組側は「受け取ったのは約1600万円。(両者の)書面による約定に基づいて支払われた」とし、「賃金上乗せの形で労務対策費を支払う形式が不明朗だからといって、返還を請求するのは不当」と主張。労働協約に違反する組合活動などとして返還対象とされた賃金約350万円についても「会社の許可を得ずに職場を離席し、活動に従事したわけではない」などとした。役員が昨年10月に受けた減給処分の無効確認も求める。

 神戸新交通は「弁護士に相談しており、適切に対処していきたい」としている。

総合の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ