総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 神戸市立医療センター西市民病院(同市長田区)の地下1階の改装計画に伴い、病院側が同階で売店を営む会社に営業区画の明け渡しを求めた訴訟の判決が12日、神戸地裁であった。武村繁樹裁判官は、病院側が賃貸借契約の更新を拒絶した対応には「正当な理由がない」として請求を棄却した。

 判決や同病院事務局によると、売店は1998年ごろから営業。病院側は地下1階へのコンビニ誘致や食堂リニューアルなどに伴い、売店の区画をイートイン用に使うことを計画し、毎年更新してきた賃貸借契約を2018年3月末で打ち切る通告をした。

 武村裁判官は、売店などの営業継続の必要性は相応に高い▽立ち退き料の提示をしていない-などとし、市の主張を退けた。

 売店は現在も営業中で、コンビニと食堂も6月から営業を始めた。同事務局は「判決文を確認していないのでコメントできない」としている。

総合の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ