総合 総合 sougou

  • 印刷
火事に遭ったウナギ養殖施設を確認する堀直彦さん(右から2番目)ら=16日午前、神戸市西区
拡大
火事に遭ったウナギ養殖施設を確認する堀直彦さん(右から2番目)ら=16日午前、神戸市西区

 15日朝、神戸市西区櫨谷町福谷のウナギ養殖会社「神戸養鰻」で、養殖施設の一部を焼く火事があり、出荷間近の成魚1万匹のうち3千匹が死んだ。需要の最盛期「土用の丑の日」(27日)を控える中、生き残った7千匹も安全上の問題から処分することに。社員らは落胆しつつ、再起を誓った。

 火事は15日午前7時45分ごろに発生し、スレートぶき平屋約180平方メートルのうち、成魚用の水槽3基など約60平方メートルを焼いた。3基で飼育していた約3千匹はほぼ全滅。同じ建物の別の水槽で飼育している残り7千匹も灰などの混入が疑われ、出荷を見送るという。

 「生きとるけれど、おらんもんと思わなあかん」

 飼育担当の社員が生き残ったウナギを見てつぶやいた。役員の堀直彦さんは「料理人の練習用に飲食店へ配るか、近隣の小学校に教材として提供するか…。いずれもただ同然で処分することになる」と話す。

 同社は2016年3月の設立で、六甲山系の地下水を活用し、化学薬品を使わずにウナギを飼育する手法を確立。東南アジアに生息する「ビカーラ種」を「神戸うなぎ」として、高騰するニホンウナギより安く食卓に提供してきた。

 3年間で料亭や小料理屋、結婚式場などに販路が拡大。引き合いの増加に応えるため新設した水槽が、火事に遭った。稚魚も含め約2万5千匹を飼育するが、新しい水槽には抵抗力のある成魚を入れていたという。

 同種は育てるのが難しく、中でも神経を使うのが温度管理。15度前後の地下水を加温し、水槽内を熱帯に近い約30度に保つ必要がある。保温のためのヒーターの不具合が、出火原因とみられるという。

 一夜明けた16日、社員らは火事の後始末や対応策の検討などに追われた。堀さんは「被害額は2千万円以上だが、前向きに頑張るしかない」と話した。(伊田雄馬)

総合の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ