総合 総合 sougou

  • 印刷
初めての通知表を笑顔で受け取る児童たち=19日午前、本山第三小学校(撮影・鈴木雅之)
拡大
初めての通知表を笑顔で受け取る児童たち=19日午前、本山第三小学校(撮影・鈴木雅之)

 兵庫県内のほぼ全ての公立小中高校や特別支援学校などで19日、1学期の終業式があった。通知表を受け取った児童や生徒は、楽しみがいっぱいの夏休みに胸が高鳴った様子だった。

 神戸市東灘区本山中町1の市立本山第三小学校では、全校児童約730人が体育館に集まり終業式に臨んだ。木下幸治校長(54)が「家の手伝いも積極的に。2学期に皆さんと元気に会えることを楽しみにしています」と呼び掛けた。

 1年2組の教室では、子どもたちが初めての通知表を受け取った。男児(6)は「夏休みは海に行きたい。外国に行った友達と話したいから、英語の勉強も頑張りたい」と笑顔で話した。

 県教育委員会によると、この日終業式が開かれたのは、公立の小学校1校と高校2校以外の学校計1272校。2学期の始業式は8月26日から9月2日にかけて開かれるという。(千葉翔大)

総合の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ