総合 総合 sougou

  • 印刷
津田幸恵さんの遺体確認の知らせを受け、ハンカチを握りしめる父親の伸一さん=加古川市内
拡大
津田幸恵さんの遺体確認の知らせを受け、ハンカチを握りしめる父親の伸一さん=加古川市内
津田幸恵さん(津田伸一さん提供)
拡大
津田幸恵さん(津田伸一さん提供)

 京都アニメーションの放火殺人事件で犠牲になった社員津田幸恵さん(41)の通夜が27日、兵庫県加古川市内の斎場で営まれた。祭壇には、ほほ笑む遺影が飾られ、参列した親族らは、突然命を奪われた津田さんを悼んだ。

 祭壇は、津田さんが好きだった赤やピンクの花でいっぱいに。遺影の脇には京都市のアパートで飼っていた猫の写真や、ファンだったゲームキャラクターのぬいぐるみが飾られたという。

 アニメの専門学校を卒業後、約20年前に同社に入った。彩色担当のベテランで、「クレヨンしんちゃん」などの作品に携わった。

 父の伸一さん(69)=加古川市=によると、津田さんはスタジオの2階で働いていたという。身元の特定に時間がかかり、24日午後、京都府警から伸一さんにDNA型鑑定の結果が知らされた。

 伸一さんは「遺体を引き取って、やっと幸恵が帰ってきたと安堵できた」と涙ぐんだ。(小森有喜)

総合の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ