総合 総合 sougou

  • 印刷
自衛隊車両イベントの中止を知らせる大丸須磨店のホームページ
拡大
自衛隊車両イベントの中止を知らせる大丸須磨店のホームページ

 神戸市須磨区の大丸須磨店で予定されていた自衛隊車両の展示が直前に中止されたことを巡り、会員制交流サイト(SNS)での議論が沸騰している。きっかけは、中止を申し入れた地元の女性団体が「朗報」と書き込んだ投稿だった。

 同店は27、28日、自衛隊の一般車両を展示する催しを計画。これまで力を入れてきた地域の防犯や防災を考える取り組みの一環だったが、開催前日の26日、同店のホームページに「諸般の事情により、急遽中止します」と掲載した。安全面への配慮から中止を決めたという。

 一方で、新日本婦人の会兵庫県本部も同日、ツイッターを更新。「(同会メンバー)10人で『百貨店は子どもから高齢者まで利用する。趣旨にそぐわない』と中止を申し入れた」などと経緯を書き込んだ。

 この投稿に「いいね」1500件が集まったが、「神戸は震災復興で自衛隊に助けられた」「子どもから老人まで自衛隊を知ってもらう機会が大切」と批判する声も相次いだ。

 著名人や政治家も議論に加わった。美容外科・高須クリニックの高須克弥院長は「実に情けない。みんな自衛隊には感謝してるんだよ」。「ヒゲの隊長」として知られる元自衛官の佐藤正久参院議員(自民)は「国民から自衛隊を遠ざけるのではなく、自衛隊を国民に知ってもらうことは極めて大事」と記し、いいね4万件超が寄せられた。

 中止を申し入れた同会の女性(68)は「災害救助に当たる自衛隊を批判しているのではない」とした上で「私たちは安保法制成立や改憲の動きの中で、自衛隊の在り方に危機感を持っている」と強調する。

(段 貴則)

総合の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ