総合 総合 sougou

  • 印刷
スーパーコンピューター「京」=神戸市中央区港島南町
拡大
スーパーコンピューター「京」=神戸市中央区港島南町

 後継機導入のため8月末で電源が落とされる神戸・ポートアイランドのスーパーコンピューター「京」が、ビッグデータ処理能力を示す世界ランキング「グラフ500」で、2015年以降9期(4年半)連続の1位を獲得した。一時期は世界一だった計算速度を競う「トップ500」では20位だったが、複雑なデータ処理では、依然世界最高レベルであることを示し、“有終の美”を飾った。

 年に2回発表されるグラフ500は、人や物、場所などが複雑に絡んで起きる社会現象を点や線でイメージ化したグラフの分析力を競う。人、物、場所などを表す約1兆個の点をつなぐ16兆本の線を、京は0・56秒でたどって関係性を調べられる。

 理化学研究所(神戸市中央区)によると、こうしたビッグデータの処理能力の高さは、会員制交流サイト(SNS)での人間関係を分析する技術の向上や、交通ナビゲーションシステムで、最短経路や最短時間を算出する技術開発などに生かすことができるという。

 好成績の要因について理研は「トップ500は、中央演算処理装置(CPU)の性能だけで決まるため新しいほどいいが、グラフ500は、データをCPUに効率良くスピーディーに送り込むことができる、京の設計の良さが生かせている」としている。(霍見真一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ