総合 総合 sougou

  • 印刷
祭壇の前で弔辞を述べる参列者=3日午前、伊丹市中央6、伊丹シティホテル(撮影・吉田敦史)
拡大
祭壇の前で弔辞を述べる参列者=3日午前、伊丹市中央6、伊丹シティホテル(撮影・吉田敦史)

 文化勲章を受章し、6月に91歳で亡くなった田辺聖子さんの「お別れの会」が3日、兵庫県伊丹市内のホテルで開かれた。田辺さんは同市の名誉市民でもあり、市の関係者や遺族、友人ら約150人が故人をしのんだ。

 田辺さんは芥川賞受賞作「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」をはじめとした、軽妙な大阪弁で男女の機微を描いた小説で知られる。長年、伊丹市で暮らし、お別れの会は同市や遺族らでつくる実行委員会が主催した。

 祭壇には、大好きだったスヌーピーと写る遺影を囲んで白やピンクなどの花が飾られ、午前11時から式典が開かれた。

 お別れの会の実行委委員長を務める伊丹市の藤原保幸市長は「伊丹は人がおっとりとして自然もきれいで、ずっと住んでいたいと話されていた。『言葉は文化のおおもと』という先生の思いを大事にしたまちづくりを進めて参ります」と述べた。

 同じ関西に住み、親交が深かった作家の瀬戸内寂聴さんの弔辞を、田辺さん原作の舞台に出演したことがある元宝塚歌劇団星組トップスターの瀬戸内美八さんが代読。「私の方がずっとお姉さんなのに先に逝くなんて、ひどい。あなたと巡り会い、小説を通して語り合い、気を許す親友になったことは、心が弾むうれしいことでした」と思い出を語った。

 会場には田辺さんの著作やドレスなども飾られた。午後からは一般献花が行われる。(金井恒幸)

総合の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ