総合 総合 sougou

  • 印刷
立会人の深浦康市九段(右)から封じ手が示され、対局を再開する木村一基九段(左手前)と豊島将之王位(右奥)=9日午前、福岡市、大濠公園能楽堂
拡大
立会人の深浦康市九段(右)から封じ手が示され、対局を再開する木村一基九段(左手前)と豊島将之王位(右奥)=9日午前、福岡市、大濠公園能楽堂

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第3局は9日午前9時、福岡市の大濠公園能楽堂で再開し、指し継がれた。

 両対局者が前日の手順を再現した後、立会人の深浦康市九段(47)が木村の封じ手4五同銀(52手目)を示し、2日目の対局に入った。

 先手番の豊島が攻勢をかけ、木村が受け続けている局面。封じ手は控室でも予想された手で、対する豊島はすぐに3五角(53手目)と出て敵陣を狙った。木村は5三金(54手目)と上がって角成りを防ぎ、際どい攻防が続いている。

 深浦九段は「豊島王位が1歩損しているので、攻めの成果を出さないといけない。このまま収まると木村九段が良くなる。局面は大きなヤマ場を迎えている」と話した。

 9日夜までには決着する見通し。対局の模様は神戸新聞NEXTで中継している。

【王位戦】中継サイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ