総合 総合 sougou

  • 印刷
塗装した板を組み上げて、パトカーのデザインの踏み台のできあがり
拡大
塗装した板を組み上げて、パトカーのデザインの踏み台のできあがり
踏み台を使うと、自分でステップを上り、手が洗えるように
拡大
踏み台を使うと、自分でステップを上り、手が洗えるように
紙に窓などのパーツを下書きし、上からカットすると仕上がりがきれいに
拡大
紙に窓などのパーツを下書きし、上からカットすると仕上がりがきれいに
<主な材料>ホームセンターでカットしてもらった板、丸板(タイヤ用)、丸棒(ダボ埋め用)、電動ドライバー、ジグソー、のこぎり、ダボ用のこぎり、紙やすり、ビス、ペンキ、はけ、定規、カッターマット、カッター、紙、マスキングテープ、ビニール手袋、木工用接着剤、鉛筆、ペットボトルのキャップを準備します
拡大
<主な材料>ホームセンターでカットしてもらった板、丸板(タイヤ用)、丸棒(ダボ埋め用)、電動ドライバー、ジグソー、のこぎり、ダボ用のこぎり、紙やすり、ビス、ペンキ、はけ、定規、カッターマット、カッター、紙、マスキングテープ、ビニール手袋、木工用接着剤、鉛筆、ペットボトルのキャップを準備します
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 フェリシモ女子DIY部です。2歳になった息子は日に日に体重も重くなり、抱っこして手洗いをさせることがしんどくなってきました。自分でやってみたい!という気持ちも出てきたので、自分で手洗い場に手が届くように踏み台をDIYしました。デザインは大好きなパトカーに決まりです。

 板のカットはホームセンターでお願いしましたが、斜めのカットは基本的に断られますので、自分たちで切ります。2枚の板に車の形を下書きし、のこぎりなどでカットして、やすりで削ります。

 次にこの板2枚を白いペンキで塗っていきます。完全に乾いたら、組み立てた時に外側になる面すべてをマスキングテープで覆います。その上にあらかじめ、窓やウインカーなどのパーツを書いた型紙を載せて、カッターで切ります。この時に、デザインカッターを使うと細かいところまできれいにできます。すべてくり抜けたら色を塗っていきます。白、水色、赤、黒、黄色の5色を使います。

 ペンキを塗り終えたら乾く前に、マスキングテープをゆっくりとはがします。それから、タイヤにする丸い板を黒く塗ります。乾いたら、ペットボトルのキャップに白いペンキをつけてハンコのように押します。そして、その中を白く塗ります。これで、色を塗る作業は終わりです。

 次に本体を組み立てます。ビス留めする部分にドリルで下穴を開けます。ダボ穴埋めという方法で板を固定します。8ミリのドリルビットを使い、板の半分程度の深さまで穴を開けます。すべて下穴が開いたら、接着剤で仮留めしながら組み立て、ビス留めして、ダボ埋めをしていきます。穴に接着剤を少量流し込み8ミリの丸棒をねじ込んで、ダボ用のこぎりを使って平面になるようにカットします。これで本体は完成です。

 最後にタイヤを本体の側面に接着剤で貼り付けたらパトカーの踏み台の出来上がりです。家に帰って踏み台に気づくとさっそく手洗い場に持って行ってくれました。いろいろなところに押していっては、上っています。電気を消したり、棚の上のお菓子を取ったり予想外にできることが広がってうれしいのですが、よけいに大変で、「トホホ」な母でした。

フェリシモ女子DIY部のサイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 22℃
  • 19℃
  • 60%

  • 21℃
  • 14℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 60%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

お知らせ