総合 総合 sougou

  • 印刷
阪神甲子園球場(写真奥)の南側にあり、阪神電鉄が新施設の建設を計画する西宮市の市有地=西宮市甲子園町
拡大
阪神甲子園球場(写真奥)の南側にあり、阪神電鉄が新施設の建設を計画する西宮市の市有地=西宮市甲子園町
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 阪神電気鉄道(大阪市)が、プロ野球阪神タイガースの本拠地、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の南側に、新たな商業施設の建設を計画している。球場内にある甲子園歴史館の展示の一部を移し、新たに体験型のアトラクションを設けて、子どもから大人までが気軽に楽しめる空間を目指す。プロ野球や全国高校野球選手権の試合だけに頼らず、球場周辺が年中にぎわう「ボールパークエリア」を目指す考えだ。(初鹿野俊)

 建設予定地は、道路を挟んで球場と隣接する市営住宅跡地の市有地で、広さは約3200平方メートル。阪神電鉄や西宮市によると、2020年に市と賃貸借契約を結んで着工し、21年にオープンさせたいとしている。

 同社の計画では、新施設は3階建て。1階に飲食や物販の店舗が入る。2階は球場とデッキでつなぎ、タイガースや高校野球の歩みを紹介する甲子園歴史館の展示機能の一部を移して充実させる。また、プロ投手に対する打席を疑似体験できるコーナーやカフェも併設する。

 3階は、子どもが遊べるキッズゾーンやチアリーディングなどの練習ができる多目的ホールを用意し、親子連れが集うフロアとする。同社は「球場の歴史館はコアな野球ファン向けとし、新施設は家族やカップルなど幅広い層を集客したい」ともくろむ。

 同社によると、甲子園球場でプロ野球と全国高校野球選手権大会の試合が開催されるのは年間で100日程度。大学アメリカンフットボール日本一を決める「甲子園ボウル」などの他競技やコンサートを合わせても、1年間の3分の2は観客が入るイベントは行われていない。

 新施設は球場での試合やイベントがない日の集客が期待される。一帯の回遊性を高めるため、球場南東にある商業施設「ららぽーと甲子園」と新施設をデッキで接続する案もある。

 阪神電鉄の担当者は「米メジャーリーグなど国内外の事例を研究した」といい、球場を中心に住民や買い物客らが行き交う姿を思い描く。「多様化するスポーツの中で、新施設をきっかけに新たな野球ファンも開拓できれば」と話す。

総合の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ