総合 総合 sougou

  • 印刷
台風10号の影響で淡路島では高波も打ち寄せた=14日午後、南あわじ市灘土生(撮影・高田康夫)
拡大
台風10号の影響で淡路島では高波も打ち寄せた=14日午後、南あわじ市灘土生(撮影・高田康夫)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 大型の台風10号は15日にかけて四国から九州に最接近し、上陸する見込みだ。西日本から東日本の太平洋側の南東側に開けた斜面を中心に総雨量が1200ミリに達し、記録的大雨になる地域があるとみられる。兵庫県には同日夕に最も接近するとされ、午後6時からの24時間雨量は多いところで100~200ミリと予想される。気象庁は土砂災害や川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 神戸地方気象台によると、14日午後時点の進路予想では兵庫への上陸はないとみられるが、県内が強い風を伴う台風東側に位置するため暴風や高波への注意が必要となる。大潮の時期と重なって潮位が高くなっており、神戸と姫路では15日夜に高潮が警報級となる可能性もある。

 台風10号は14日午後10時時点で、鹿児島・種子島の東約160キロを時速約15キロで北に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心の南東側280キロ以内と北西側170キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。上陸後は西日本を縦断して日本海に抜け、17日にかけて温帯低気圧に変わって北海道や東北に進むとみられる。(金 旻革)

総合の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ