総合 総合 sougou

  • 印刷
デビューシングルをPRする江口紗耶(中央)、山崎夢羽(左)、岡村美波=神戸新聞社
拡大
デビューシングルをPRする江口紗耶(中央)、山崎夢羽(左)、岡村美波=神戸新聞社

 令和元年の夏、ビヨーンとデビュー。モーニング娘。’19など人気アイドルグループが所属する「Hello!Project(通称・ハロプロ)」の異色の新グループ「BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)」が7日、待望のメジャーデビューを果たした。メンバーで兵庫出身の江口紗耶(さや)(16)、大阪出身の岡村美波(14)、愛知出身の山崎夢羽(ゆはね)(16)の3人が神戸新聞社を訪れ、デビューの心境や意気込みを語った。

 14~20歳の12人からなるビヨーンズ。ハロプロからのデビューを目指し、レッスンに励む「ハロプロ研修生」出身のメンバーがほとんどで、歌やダンス、キャラクターなどは既にファンの間で折り紙付きだ。

 江口も2017年から研修生に所属。デビューに向けて動き始めた昨年夏まで兵庫で暮らした。ハロプロの兵庫出身者は松浦亜弥に続き3人目となり、「私も松浦さんのような誰もが知っている存在になりたい」と意気込む。

 デビューシングルは「眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist」。「眼鏡-」は、小ばなし風の寸劇から始まる少女漫画のような一曲。前田こころ(17)演じる「眼鏡の美男子」に、他メンバーが片思いするストーリーとなっている。力強い歌声でグループをけん引する山崎は「終盤の“顔芸”と、そこから続く最後のソロパートには毎回気合が入る」と話す。

 日本人を鼓舞する歌詞が印象的な「ニッポン-」では、天真らんまんな岡村のキャラが爆発。「Go Waist」は、ダイエットを決意した女子たちの応援ソング。抜群のスタイルをほこる江口が突然「サヤ隊長」に豹変(ひょうへん)し、「ブートキャンプ」を始めるところは要注目だ。

 「3曲とも、個性の強い私たちだからこそ歌える面白い曲。デビューはスタート地点。ここからビヨーンと飛躍していきたい」と声をそろえた。(勝浦美香)

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ