総合 総合 sougou

  • 印刷
池田紀子さん
拡大
池田紀子さん

 延長サヨナラで呼び込んだ2連覇。監督を胴上げしようと教え子たちが迫ってきて「今年は体重を落としてない」と焦った。そんな声は歓声にかき消され、宙を舞った。

 優勝を狙い、果たした昨年と違って強打者はおらず「まさか」の頂点だった。だが昨夏の高校総体、自校主体の兵庫チームで臨んだ秋の国体、今春の選抜大会を含め、4季連続の全国制覇。猛暑の根比べは堅守こそが栄冠への近道だった。

 兵庫県加古川市出身の56歳。現役時代は投手として名をはせた。神戸常盤女子高、園田学園女子大と進み、日本代表入り。実業団のデンソー時代は日本リーグを制し、最優秀投手に選ばれた。

 1989年に須磨ノ浦高に国語教師として赴任。ソフトボール部コーチを務め「子どもは変わる。人としての成長を見るのがうれしい」と指導に没頭した。監督就任5年目の2009年に全国高校総体を初制覇した。

 練習の大半を守備に割いてきた。「守りでも攻めるのがうちの伝統」と、より先の塁の走者をアウトにする連係プレーを磨く。「ボールをしっかり見ているか。捕球時の姿勢、投げ方は大丈夫か」。結果だけでなく、過程に目を向け、選手はミスのない動きを体に染み込ませた。

 「子どもたちに教える内容は細かいのに、自分自身は大ざっぱ。嫌やなあ」と笑う。同じマンションに暮らす部員21人を世話する日々。癒やしは旅行で、「日本一の星空」を掲げる長野県阿智村がお気に入り。神戸市須磨区在住。(記事・藤村有希子、写真・鈴木雅之)

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ