総合 総合 sougou

  • 印刷
立会人の久保利明九段に封じ手を渡す木村一基九段(左)。奥は豊島将之王位=20日午後6時5分、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・後藤亮平)
拡大
立会人の久保利明九段に封じ手を渡す木村一基九段(左)。奥は豊島将之王位=20日午後6時5分、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・後藤亮平)

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第4局が20日午前9時、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で始まり、午後6時、手番の木村が45手目を封じて1日目の対局を終えた。

 豊島2勝、木村1勝で迎えた第4局。先手番の木村が初手2六歩から2五歩(3手目)と伸ばし、戦型は相掛かりとなった。

 角交換から木村は2五銀(35手目)と棒銀に進めた。豊島は3三銀(36手目)と左銀で応じ、右の銀を5五銀(40手目)、4六銀(42手目)と前進。さらに56分の考慮で9二角(44手目)と自陣角を放ち、4筋からの突破を見せると、木村が1時間37分の長考で次の手を封じた。

 立会人の久保利明九段(43)は「豊島王位の9二角は意外な感じもあるが、長考の末指されており成算ありと見たのだろう。本局の命運が懸かった一手という感じで、木村九段の封じ手が注目される」と話した。

 持ち時間各8時間のうち、1日目の消費時間は木村4時間42分、豊島2時間49分。2日目の21日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様は神戸新聞NEXTで中継している。

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ