総合 総合 sougou

  • 印刷
王位戦第4局を制して感想戦で対局を振り返る木村一基九段=21日午後9時18分、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・斎藤雅志)
拡大
王位戦第4局を制して感想戦で対局を振り返る木村一基九段=21日午後9時18分、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・斎藤雅志)

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第4局は21日、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で指し継がれ、午後9時12分、先手番の木村が285手までで勝利し、対戦成績2勝2敗とタイに戻した。

 持ち時間各8時間のうち、残り時間は木村4分、豊島1分。第5局は27、28日、徳島市の料亭「渭水苑」で指される。

 第2局に続いて相掛かりとなった第4局は、木村の封じ手5六歩(45手目)で再開した。1筋の攻防で桂得した木村は、8八玉(67手目)と囲いに入って後顧の憂いをなくし、7五桂(83手目)と圧力をかけた。

 木村はさらに2七角(93手目)と自陣角を放ち、その利きを生かして攻勢をかける。豊島は徹底して受けに回り、3六金(122手目)と先手の飛車を追い払って脱出路を確保、2七玉(150手目)と入玉を果たした。

 控室では「持将棋(引き分け)になるのでは」との声が上がり、木村も8三玉(231手目)と入玉。ただ持将棋にするには豊島の駒の数(点数)が足りず、豊島が投了、激闘に幕が下りた。(溝田幸弘)

総合の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ