総合 総合 sougou

  • 印刷

 兵庫県内で焼き肉店を経営する「オーシャンフーヅ」(神戸市中央区)は23日、「和牛」として提供していた牛肉の一部が、和牛と乳牛を掛け合わせるなどした「交雑種」だったと明らかにした。客から申し出があれば飲食代の一部を返金する。卸元の精肉店が偽装したのが原因と主張している。

 同社によると、交雑種が提供されたのは県内に7店ある「焼肉六甲」。2016年春以降、神戸市東灘区の精肉店から単価の高い「和牛」として納入した。だが、外部から不審点があると指摘された精肉店が今春、「これまで一度も和牛を納品したことはなかった」と説明した。

 納品書に記載された牛の個体識別番号を調べると、交雑種が多いことが判明。和牛の番号でも、1頭から最大30キロしか取れないはずの部位が100キロ以上納品されたケースがあったという。

 関係者によると、精肉店は店頭でも交雑種を和牛と表示したなどとして神戸市と近畿農政局の立ち入り調査を受けた。

 返金などの問い合わせは「焼肉六甲」のホームページから。

総合の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ