総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
ストリートピアノでショパンメドレーなどを奏でる西村由紀江さん=神戸市中央区東川崎町1、デュオこうべ(撮影・中西幸大)
拡大
ストリートピアノでショパンメドレーなどを奏でる西村由紀江さん=神戸市中央区東川崎町1、デュオこうべ(撮影・中西幸大)
ストリートピアノでショパンメドレーなどを奏でる西村由紀江さん=23日午後、神戸市中央区東川崎町1、デュオこうべ(撮影・中西幸大)
拡大
ストリートピアノでショパンメドレーなどを奏でる西村由紀江さん=23日午後、神戸市中央区東川崎町1、デュオこうべ(撮影・中西幸大)
西村由紀江さんのコンサートに集まった大勢の人たち=23日午後、神戸市中央区東川崎町1、デュオこうべ(撮影・中西幸大)
拡大
西村由紀江さんのコンサートに集まった大勢の人たち=23日午後、神戸市中央区東川崎町1、デュオこうべ(撮影・中西幸大)

 作曲家でピアニストの西村由紀江さんが23日、神戸市中央区のJR神戸駅前の地下街「デュオこうべ」で、誰もが自由に弾ける「ストリートピアノ」によるショパンのプチコンサートを開いた。地下街の一角に名ピアニストの音色が響き、耳を傾ける人でにぎわった。

 秋に兵庫県立美術館ギャラリー棟で開幕する「ショパン-200年の肖像」展、神戸新聞松方ホールで開催中の連続コンサート「レッツ・ゴー ショパン エキシビション」(いずれも神戸新聞社など主催)の関連行事。西村さんはショパンの命日、10月17日に合わせて同ホールで催される公演に出演する。

 メモリアル・プチコンサートと題して「別れの曲」などショパンメドレーをストリートピアノで奏でた西村さん。「街のあちこちにピアノがあり、いつでも弾ける。神戸はピアノを大事にする街でうれしいです」と、観客にあいさつした。

 神戸市垂水区の女性は「西村さんの演奏を聞くのは初めて。ピアノの世界にひきこまれ癒やされた」と感動していた。

 神戸市は1~2月、デュオこうべにアップライトピアノを試験的に設置。好評だったことから3月21日に常設とした。同市は小学校などで不要になったピアノを駅前など市内各地に設置し、市民に開放している。(津谷治英)

総合の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ