総合 総合 sougou

  • 印刷
60年以上、存在が知られていなかった倉庫=神戸市須磨区若宮町1(撮影・吉田敦史)
拡大
60年以上、存在が知られていなかった倉庫=神戸市須磨区若宮町1(撮影・吉田敦史)
扉の中は意外と広い。井戸(手前)では、かつてスイカを冷やしていたことも=神戸市須磨区若宮町1(撮影・吉田敦史)
拡大
扉の中は意外と広い。井戸(手前)では、かつてスイカを冷やしていたことも=神戸市須磨区若宮町1(撮影・吉田敦史)

 須磨海岸(神戸市須磨区)の東外れ。須磨海浜公園から海岸へ降りる階段脇に地元の海の家が60年以上前から、資材置き場として使ってきた倉庫がある。一帯は神戸市が管理しているが、市民の通報で最近になって存在が分かり、8月末で市に明け渡すことになった。

 倉庫を使ってきたのは、老舗の「海の家カッパ天国」。3代目の幸内政年さん(43)によると、この近くで釣り船の休憩所を営んでいた祖父が、1956(昭和31)年ごろ、旧須磨水族館(現・須磨海浜水族園)の建設に伴う周辺開発で漁具倉庫の移転を求められ、市から今の場所を紹介されたという。

 市によると、昔は岸壁だった場所で、コの字にくぼんだ部分の真上に市がコンクリートの園路を付けて倉庫にしたらしい。高さ約2メートル、広さ約45平方メートル。59年の伊勢湾台風で入り口の木製扉が流され、頑丈な鉄製に付け替えたという。

 この倉庫は近年、海の家のオフシーズンに資材などを保管するのに利用されてきた。長い間、倉庫の存在を気に留める人はいなかったが、2017年8月、市民から「あの扉は何?」と問い合わせがあり、市が調査。倉庫は公園の敷地内にあるが、都市公園法施行令で公園に設置できるのは集会所や防災倉庫などしか認められていないため、退去を求めることになった。

 退去条件を巡って両者の間で折り合いが付かず、今年5月、市が神戸地裁に提訴。海水浴シーズンの終了に合わせ、市が解決金を支払う代わりに8月末に明け渡す内容で和解が成立した。

 「市民から問い合わせがあるまで、そんなところに倉庫があることすら把握していなかった。昔の記録などが残っておらず、当時の経緯は分からない」と市の担当者。幸内さんは、今夏限りで海の家の営業を終えることを決めている。市によると、明け渡し後の用途は未定という。(長谷部崇、吉田敦史)

総合の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ