総合 総合 sougou

  • 印刷
ラグビーW杯神戸会場での試合に出場する国の料理がそろったイベント=24日午後、神戸市中央区東川崎町1(撮影・吉田敦史)
拡大
ラグビーW杯神戸会場での試合に出場する国の料理がそろったイベント=24日午後、神戸市中央区東川崎町1(撮影・吉田敦史)

 9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)を前に、神戸市内で試合を行うサモアなど8カ国・地域を知る「国際交流パーティーin神戸」が24日、神戸ハーバーランドであった。

 神戸出身のバンド「バラバラバナナ」などが出演し、演奏やアカペラで盛り上げた。会場には、神戸に集う各強豪チームをはぐくんだ現地の代表的な食を味わえる屋台が並んだ。ロシアのピロシキ、イングランドのフィッシュアンドチップスなど、日本でも知られた一品のほか、スコットランドのスイーツ「ヒントリーレアード」や南アフリカの煮込み料理「バニーチャウ」などが提供された。

 ステージでは、それぞれの国歌や風土が紹介され、ラジオパーソナリティーのターザン山下さんが各屋台の料理を試食し、各国・地域の特徴を伝えていった。

 神戸市長田区の小学2年の男児(8)は、日本代表のユニホームを着て来場。父(47)とW杯を観戦する予定といい、屋台の料理を食べて「おいしかった。日本頑張れ」とエールを送っていた。(段 貴則)

総合の最新