総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市・久元喜造市長
拡大
神戸市・久元喜造市長

 兵庫県が「想定し得る最大規模の高潮」による神戸市内での浸水想定区域図を発表したことに対し、同市の久元喜造市長が自身のツイッター上で「何を根拠にこんなことを言うのか、県にはしっかりとした説明責任が求められる」と苦言を呈した。

 県が4日に公表した高潮浸水想定区域図は、2015年の水防法改正に伴い「想定し得る最悪のケース」の高潮被害を予測。同市内で「3メートル以上5メートル以下」の浸水となる地域は、住宅地も含め約2・8平方キロに及ぶとした。

 これに対し、久元市長はツイッターで「あらゆる想定は必要で、高潮には万全の態勢で臨む必要があるが、心配する市民も多いだろう」と指摘。想定の前提や、根拠についての丁寧な説明を求めた。(石沢菜々子)

総合の最新
もっと見る

天気(12月8日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ