総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
高台に広がるコクーンと呼ばれる宿泊棟。背景には明石海峡大橋を望む=淡路市楠本
拡大
高台に広がるコクーンと呼ばれる宿泊棟。背景には明石海峡大橋を望む=淡路市楠本
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 薄緑やえんじ色の屋根に白壁の円柱。宿泊棟コクーン(繭(まゆ))が並ぶ光景はまるでおとぎの国のようだ。

 兵庫県立淡路島公園にある「グランシャリオ北斗七星135°」(淡路市楠本)。コテージ風宿泊施設として昨年5月に開業した。

 コクーンは全23棟(1棟2~5人用)。高さ5メートルの天窓から夜は星空がのぞき、朝は陽光が降り注ぐ。

 敷地内の展望デッキに上れば大阪湾や明石海峡を一望できる。夕日に染まる島の絶景は格別だ。

 1室2人6万2千円~(税別)。TEL0799・64・7090

(大森 武、辰巳直之)

     ◆

 秋の行楽シーズンを前に兵庫県内の一押しスポットを小型無人機(ドローン)で紹介する。

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ