総合 総合 sougou

  • 印刷
王位戦第6局を制し、感想戦で対局を振り返る木村一基九段=10日午後、神奈川県秦野市、「元湯 陣屋
拡大
王位戦第6局を制し、感想戦で対局を振り返る木村一基九段=10日午後、神奈川県秦野市、「元湯 陣屋

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第6局は10日午前9時から、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で指し継がれ、午後7時1分、先手番の木村が119手で勝った。両者3勝3敗のタイとなり、決着は最終局に持ち越された。

 持ち時間各8時間のうち、残りは木村6分、豊島1分。第7局は25、26日、東京都千代田区の都市センターホテルで指される。

 相掛かりの戦型となった第6局は2日目、豊島の封じ手7六歩(36手目)で再開。豊島は角桂交換で作ったと金を攻めの拠点に、6七飛成(44手目)と飛角を交換するなど、駒損ながら相手玉に迫った。

 しかし木村は確実に受け続けて相手の攻めを切らし、6五桂(91手目)などで反撃。豊島も最後まで攻めの糸口を探ったが、木村の手厚い受けに投了を余儀なくされた。

 立会人の先崎学九段は「豊島王位の攻めがうまく続かず、木村九段が丁寧な指し回しで、少しずつ優勢を拡大した。ここまでお互い手の内を知り尽くした相手なので、最終局も熱戦を期待したい」と話した。

【木村一基九段の話】(豊島王位の)7六歩(36手目)から7七角(38手目)の強襲後は、自玉が薄いのでプレッシャーを感じながら指していた。ずっと自信の持てない展開が続いていました。いけると思ったのは、最後の8四角(115手目)です。

【豊島将之王位の話】9五歩(30手目)の突き捨てがどうだったか。この是非の判断が難しい場面でした。実戦は(木村九段の)7七金(35手目)が好手で、突き捨てがとがめられた展開になってしまった。それ以降はずっと苦しかったですね。

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ