総合 総合 sougou

  • 印刷
西村康稔氏
拡大
西村康稔氏

 内閣改造で、自民党の西村康稔官房副長官(兵庫9区)が経済再生担当相として初入閣、公明党の赤羽一嘉政調会長代理(兵庫2区)が初めて国土交通相に起用され、兵庫県選出の国会議員2人が閣僚入りした。県選出の国会議員が閣僚になるのは、自民の松本剛明氏(兵庫11区)が民主党時代の2011年3~9月に外相を務めて以来、8年ぶり。県選出議員が2人同時に入閣したのは、07年9月に自民の渡海紀三朗氏(兵庫10区)が文部科学相に、公明党の冬柴鉄三氏(兵庫8区、11年に死去)が国交相に就任して以来、12年ぶりとなる。

 経済再生担当相として初入閣した西村康稔氏(兵庫9区)は、入閣を受けて議員会館で取材に応じ「これまでは首相や官房長官を補佐する立場だったが、今度は大臣として責任を負う立場。使命感で身が引き締まる」と心境を語った。

 官房副長官として約2年間、安倍首相に仕えた側近だ。首相が新設を表明した「全世代型社会保障検討会議」のかじ取りも担う。前日に首相に呼ばれて起用を伝えられ、「各省庁とうまく調整してやってほしい」と託されたという。初閣議後の首相官邸での会見では「この改革は安倍内閣最大のチャレンジ。しっかりと実現していく」と力を込めた。

 経済再生については「地方経済は重要な課題」と話し、早速兵庫県の井戸敏三知事や各地の知事らと電話などで連携を確認した。

 内閣府副大臣時代に環太平洋連携協定(TPP)交渉に携わるなど、経済再生や社会保障は精通する分野だ。「やってきたことをしっかり進化させていく」と語った。(永見将人)

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ