総合 総合 sougou

  • 印刷

 兵庫県選出の国会議員2人が閣僚入りした今回の内閣改造に、県内の行政関係者からは期待する声が相次いだ。

 井戸敏三知事は、西村氏の閣僚入りに「内閣の要として経済再生などに積極的に取り組んでほしい」とコメント。赤羽氏には県内での基幹道路ネットワーク整備や神戸空港の規制緩和推進に期待を寄せ、「県内の実情を理解してもらえているのでリーダーシップを発揮してほしい」と述べた。

 神戸空港を抱え、都心三宮の再整備や大阪湾岸道路(阪神高速湾岸線)西伸部など大型プロジェクトが進む神戸市の幹部は、赤羽氏の入閣を歓迎。「国交省の所管には神戸の命運を握る事業が多く、弾みがつけば」と話した。

 播磨臨海地域道路の早期実現を求めている姫路市の幹部も期待感を口にする。8月には四つのルート案が提示されて進展の兆しを見せており、「計画をさらに前進させる絶好の機会として捉えたい」と意欲を見せる。(井関 徹、石沢菜々子、小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ