総合 総合 sougou

  • 印刷
花壇周辺のごみを拾う参加者=12日午前、神戸市中央区浪花町
拡大
花壇周辺のごみを拾う参加者=12日午前、神戸市中央区浪花町

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕が20日に迫る中、神戸市中央区の旧外国人居留地内にある企業などでつくる「旧居留地連絡協議会」が12日、地区内を清掃する「クリーン作戦」に取り組んだ。

 同協議会は中央区役所と連携し、季節ごとに年4回のクリーン作戦を実施している。今回は、旧居留地がラグビーW杯の記念イベント会場になっていることもあり、国内外から訪れる観戦客らのおもてなしも兼ねて行った。

 参加したメンバー約210人は、植え込みや花壇周辺に隠れた小さなごみも見落とさないよう丁寧に袋に集めていた。同協議会の中井秀典・環境委員長(63)は「旧居留地のきれいな街並みを世界の皆さんにアピールできたらうれしい」と話していた。

 神戸市では兵庫区のノエビアスタジアム神戸で、26日のイングランド-米国戦を皮切りに計4試合が予定されている。(貝原加奈)

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ