総合 総合 sougou

  • 印刷
記者会見で子ども向け図書館の構想を語る安藤忠雄さん=神戸市役所(撮影・三津山朋彦)
拡大
記者会見で子ども向け図書館の構想を語る安藤忠雄さん=神戸市役所(撮影・三津山朋彦)

 建築家の安藤忠雄さん(78)が13日、神戸市役所を訪れ、東遊園地(同市中央区加納町6)に子ども向けの図書館を建てる構想を発表した。市は今後、建設に向けて検討する。

 市によると、候補地は東遊園地の南側エリア。安藤さんによると、広々とした「縁側」を設けるなど、設計のアウトラインは固まっており、子どもたちが本を持ち出して緑の中で読書できるようにしたいという。設計、建築費は安藤さんが負担する。絵本や児童書などの蔵書は国内外から広く寄贈を募り、運営も寄付やボランティアの協力を呼び掛ける方針だ。

 「小さくても、宝石箱と言われるような図書館にしたい。そのためには宝石のように質の高い本を集めなくては」と安藤さん。「『慰霊と復興のモニュメント』の近くに建てることで、阪神・淡路大震災の記憶を伝える場にもなれば」と述べた。(長谷部崇)

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ