総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
夜景を背にライトアップされた「六甲枝垂れ」(小型無人機より撮影)=3日夜、神戸市灘区六甲山町
拡大
夜景を背にライトアップされた「六甲枝垂れ」(小型無人機より撮影)=3日夜、神戸市灘区六甲山町
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 「鳥の巣みたい」「中に何があるの」。芸術作品を思わせる外観は来訪者の興味をかきたててやまない。

 「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」(神戸市灘区)はオープン10年目。節目の今年は酒造会社との企画で日本酒を地下の氷室に貯蔵。六甲山の読みにちなみ、653本を売り出している。

 網目状のドームは高さ約10メートル、直径約16メートル。夜は発光ダイオード(LED)で彩られ、9月からは秋をイメージした赤や紫色に染まる。

 時季によっては頭上に流星群が見えることも。秋の夜長に、昼間とは違う山上の魅力を再発見できる。

 入場料は中学生以上300円、4歳~小学生200円。六甲ガーデンテラスTEL078・894・2281

(大森 武、辰巳直之)

=おわり=

総合の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ