総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で4月、市営バスが横断歩道に突っ込み歩行者6人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた運転手の被告(64)=同市長田区=に対する初公判が18日、神戸地裁(川上宏裁判長)であった。被告は起訴内容を認め、「乗客の命を預かる者として重大な事故を起こし、誠に申し訳ありません」と謝罪した。

 起訴状などによると、4月21日午後2時ごろ、JR三ノ宮駅近くの停留所からバスを発進させ、赤信号で止まらずに歩行者をはねて、神戸市須磨区のアルバイト男性=当時(23)と、私立大3年の女子学生=当時(20)、明石市=を死亡させ、4人に重軽傷を負わせたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、横断歩道手前で赤信号を認めて停車させようと、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだと指摘。右足で踏んでいるのはブレーキと誤って思い込み、さらに強く踏み込んで加速。サイドブレーキをかけたが止まらなかったとした。

 また、検察側は、遺族や友人、被害者らの供述調書も読み上げた。男性の母の調書では「アルバイトの収入を家庭に入れてくれるなど、優しい子だった。私の人生は変わってしまいました」などと明かされた。男性と一緒に横断歩道を歩き、バスにはねられた職場の先輩は「(男性の名前)を思い出し、眠れない夜がある。真面目を絵に描いたような人だった」とし、厳罰を求めたという。

総合の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ