総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)は2日までに、消費税増税で導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度に関し、経済産業省に申請していた加盟店登録が認められなかったと明らかにした。

 同制度は中小店舗や個人商店、コンビニなどが対象で、クレジットカードや電子マネーで買い物をすれば、5~2%のポイントが還元される。来年6月末までの期間限定で、還元分は国が負担する。

 小売業の対象は「資本金5千万円以下、または従業員50人以下の企業および個人事業主」。ただし「消費生活協同組合などの各種組合は補助対象とする」とされている。

 このため、コープこうべは今年春ごろから一連の手続きを開始。一部の店舗情報誌に、オリジナル電子マネー「コピカ」について「5%還元の対象です。認可が下り次第開始となります」と告知していた。

 ところが先月30日に不認可の通知が届き、「中小企業を支援するという目的に沿わない」との趣旨の説明が書かれていたという。コープこうべの担当者は「認可を前提に準備を進めてきた。ただただ困惑している」としている。(三島大一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ