総合 総合 sougou

  • 印刷
清元秀泰姫路市長
拡大
清元秀泰姫路市長

 4月の兵庫県姫路市長選で初当選した清元秀泰市長が7日、市の条例に基づき、任期が始まった4月30日時点の資産を公開した。借入金は4億768万円に上り、清元市長は「父が展開していた事業に付随するもの」などと説明。「不動産収益等により計画的に返済しており、公務等に支障を来すものではない」とコメントしている。

 保有する土地は57筆、建物は14件。固定資産税の課税標準額で計3億1690万円(清元市長の持ち分)に上った。父の元兵庫県議、故清元功章氏からの相続分が多いという。

 貸付金は5282万円で定期預金は650万円。国債や社債の額面総額は224万円。株券は日東富士製粉=1400株▽KYB=158株▽MUTOHホールディングス=220株▽日本石油輸送=2千株。普通自動車2台を所有する。

 報告書は姫路市役所3階で閲覧できる。(小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ