総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
教諭間の暴行・暴言問題について会見する神戸市立東須磨小学校の仁王美貴校長(右)ら=9日午後、神戸市役所(撮影・斎藤雅志)
拡大
教諭間の暴行・暴言問題について会見する神戸市立東須磨小学校の仁王美貴校長(右)ら=9日午後、神戸市役所(撮影・斎藤雅志)

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、同小の仁王(におう)美貴校長(55)が9日、市役所で市教育委員会の担当者と記者会見した。

 仁王校長らとの主なやりとりは次の通り。

 -被害教員は加害教員にどういう「嫌な行為」をされたのか。

 「『黙れ、偉そうに言うな』などの暴言、子どもの前で自分のことを悪く言う、などの話を聞いている」

 -悪く言うとは。

 「『反抗しまくって学級をつぶしたれ』などと(子どもに)言ったと。加害教員から事実確認はできていないが、7月の面談時は『言っていません』と否定していた」

 -被害教員が激辛カレーを無理やり食べさせられる動画を見た感想は。

 「カレーの動画だけではなく、休職後に被害教員が手紙で知らせてくれる内容は、本当に驚くものばかりだった。絶対に許されるものではなかった」

 -児童に対して(聞き取りなどの)確認をすることは。

 「子どもには何も聞いていない。今後も聞く予定はない。できるだけ子どもは巻き込みたくない」

 -加害教員が児童にした不適切な言動や体罰は。

 「1人には『あなたのことは嫌い』という言葉。もう1人に対してはいすを後ろに引き、子どもは頭を打った」

総合の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ