総合 総合 sougou

  • 印刷
みこし巡行が中止になった海神社の近くで、防水加工して避難させた太鼓屋台の番をする氏子たち=12日午前、神戸市垂水区平磯3(撮影・吉田敦史)
拡大
みこし巡行が中止になった海神社の近くで、防水加工して避難させた太鼓屋台の番をする氏子たち=12日午前、神戸市垂水区平磯3(撮影・吉田敦史)

 大型で非常に強い台風19号の接近に伴い、兵庫県内ではイベントの中止や観光施設などの閉鎖が相次いだ。3連休初日とあって秋祭りなど集客が見込まれるイベントも集中していたが、昨年の台風21号や先月の千葉県の台風15号被害を受けて、主催者らは早々に中止を判断した。

 祭りシーズンを迎えている播磨地域では、屋台の練り合わせや巡行の多くが中止や縮小となった。

 姫路市別所町の日吉神社は、午前10時までに神事と屋台巡行の中止を決定。同神社総代の樽政永悦さん(72)は「まだ雨は降っていなかったが、天候が崩れたら屋台の立て直しがきかない。安全面を考えるとやむを得ない」と話した。

 神戸市垂水区の海神社の「海上渡御祭」も取りやめに。11日夜から太鼓屋台を見守っていた塩屋青年会の西斗希矢さん(25)は「とにかく今は天候回復を祈るしかない」と天を仰いだ。

 神戸・三宮で予定されていた「第38回神戸ジャズストリート」(神戸新聞社など後援)も12日のプログラムが中止された。13日は天候次第で判断するが、今のところ開催を予定しているという。

 大型のレジャー施設でも休園が相次いだ。神戸市立王子動物園(同市灘区)や神戸布引ハーブ園(同市中央区)、姫路セントラルパーク(姫路市)は終日休園に。世界文化遺産・国宝姫路城も午後から閉城となった。

 影響は子育て施設にも。県内の一部保育園では、臨時休園や12日午後から閉園となった。2歳の長男を保育所に預ける伊丹市の女性会社員(33)は「お昼から保育園が閉まると聞き、仕事に支障が出て困っている。でも安全第一なので早めに帰ります」と話した。(まとめ・前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ