総合 総合 sougou

  • 印刷
松原八幡神社へ一番に宮入りした東山地区の屋台=14日午前、姫路市白浜町
拡大
松原八幡神社へ一番に宮入りした東山地区の屋台=14日午前、姫路市白浜町
松原八幡神社へ一番に宮入りした東山地区の屋台=14日午前、姫路市白浜町
拡大
松原八幡神社へ一番に宮入りした東山地区の屋台=14日午前、姫路市白浜町

 播磨の秋を彩る松原八幡神社(兵庫県姫路市白浜町)の秋季例大祭「灘のけんか祭り」が14日、宵宮を迎えた。氏子地区旧七カ村の豪華な屋台が次々と同神社に集まり、男たちの威勢のいい掛け声が響いた。

 浜手の活気と繁栄を今に伝える兵庫県の重要無形民俗文化財。旧七カ村から出る屋台は、地区の誇りとして美しい金具や精巧な彫刻がちりばめられている。

 午前11時ごろ、東山地区の屋台が地元での巡行を終えて同神社前に到着し、木場、松原、八家(やか)、妻鹿(めが)、宇佐崎、中村の各地区が続く。同神社周辺は色とりどりのシデ棒が揺れ、担ぎ手らの「ヨーイヤサー」の掛け声とともに歓声が上がった。(小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ