総合 総合 sougou

  • 印刷
松原八幡神社の境内で勇壮な屋台の練り合わせを見せる氏子ら=14日午後、姫路市白浜町
拡大
松原八幡神社の境内で勇壮な屋台の練り合わせを見せる氏子ら=14日午後、姫路市白浜町

 松原八幡神社(兵庫県姫路市白浜町)の「灘のけんか祭り」宵宮は14日午後、氏子地区旧七カ村による屋台の練り合わせが続いた。楼門前は締め込み姿の男たちで埋まり、地区の誇りを懸けて華を競った。

 午後1時半すぎ、松原地区の屋台が先頭で楼門を出た。妻鹿(めが)、宇佐崎、中村、東山、木場、八家(やか)の各地区が順番に続き、呼吸を合わせて2台、3台と屋台を近づけていった。

 四方に縛り付けられた伊達綱(だてづな)が激しく揺れる。左右に動きながら練り合わせが長く続くたびに、周囲の観客から拍手が起こった。

 15日の本宮は午後、同神社西のお旅山で、祭りを運営する「年番」の東山地区が3基の神輿(みこし)をぶつけ合う「神輿合わせ」を行う。(小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(11月13日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 30%

  • 22℃
  • 6℃
  • 40%

  • 21℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ