総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
日没後の境内で勇壮に舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町(撮影・中西幸大)
拡大
日没後の境内で勇壮に舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町(撮影・中西幸大)
日没後の境内で勇壮に舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町(撮影・中西幸大)
拡大
日没後の境内で勇壮に舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町(撮影・中西幸大)
日没後の境内で勇壮に舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町(撮影・中西幸大)
拡大
日没後の境内で勇壮に舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町(撮影・中西幸大)

 兵庫県重要無形民俗文化財「毛獅子舞」で知られる大塩天満宮(兵庫県姫路市大塩町)の秋季例祭が14日、宵宮を迎えた。暗闇の中、金色の獅子が黒や茶色の長い馬毛を振り乱し、躍動した。

 毛獅子舞は鎌倉時代から続くとされ、姫路、高砂市にまたがる氏子8地区が継承。野性味あふれる舞の競演が呼び物になっている。

 この日は昼すぎから6地区の屋台が練り合わせ。日が暮れた午後7時ごろ、無数のちょうちんを掲げた高砂市牛谷丁地区を先頭に、7頭が鳥居前に集結した。

 横笛、太鼓の囃子に乗り、獅子は荒々しく境内に登場。数人の肩に担がれた若者がたてがみを力強く揺らしながら本殿前まで進んだ。自慢の舞に見守る見物客も熱い拍手を送った。

 本宮の15日は、午前10時から烏帽子姿の稚児が宮入りする「一ツ物神事」、午後2時から毛獅子舞が奉納される。(地道優樹)

総合の最新